診療システム

費用について
資料取り 5000円から4.8万円
歯周細菌検査 1.5万円
CT 撮影・診断 インプラントシュミレーション用 3.5万円
歯周病・その他 1.6万円
2回目以降は6000円
インプラント(ステント、手術代含む) 15万円から
骨増大術 10万円~15万円
※骨の種類、体積、部位による
上顎洞挙上術 20万円から
※骨の種類、体積、部位による
2次手術 2万円~5万円
アバットメント 3万円
上部構造冠(セラミック) 15万円
前歯審美セラミック冠 20万円
カリスマ技工士 指定 3万円
歯周再生療法 12万円から
ホワイトニング (全歯) 3万円~10万円
セラミックインレー 3万円~7万円
セラミック冠 10万円~12万円
オールセラミック冠 15万円
ラミネートべニア 12万円
ハイブリッドインレー 2.5万円~3.5万円
ハイブリッドクラウン 3.5万円~5万円
セラミックインレー 3万円~6万円
セラミッククラウン 8万円~14万円
ゴールドインレー 3万円~6万円
ゴールドクラウン 8万円~14万円
オールセラミッククラウン 12万円~18万円
漂白 3万円~10万円
歯肉移植 8万円~15万円
エムドゲイン法 12万円(1歯ごとに3万円)
GTR法 12万円
PDGF法 12万円(1歯ごとに3万円)
歯科矯正治療 10万円~60万円
PAOO 30万円~60万円
インプラント上部構造 10万円~15万円
All-on-4 170万円

安心な治療

医療費控除について

従来のブリッジだと支えるための健康な歯を2本削らなければなりません。

「医療費控除」とは、同じ年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費(保険による補てん金や高額療養制度による給付額を差し引いた額)が10万円(所得200万円未満の場合は所得の5%)を超える場合、確定申告をするとその超えた額が所得から差し引かれ、税額が少なくなったり、源泉徴収された税金の一部が戻ってきたりするものです。

生計を一つにする家族全員分の医科・歯科の治療を合計して算出します。保険診療はもちろん、自由診療でも対象になるものがあります。

歯科で医療費控除の対象となるもの・ならないもの
対象となるもの
  • インプラント
  • 差し歯、入れ歯(自由診療のものも対象)
  • 虫歯の治療費(自由診療のクラウンなども対象)
  • 小児の歯科矯正治療(大人の歯科矯正治療は場合による)
  • 歯周病の治療(自由診療のものも対象)
  • 電車賃、バス代などの交通費(小児の場合、付き添いの人の交通費も対象
対象とならないもの
  • 美容目的の歯科矯正治療
  • 通院のためのガソリン代、駐車場代、タクシー代(やむを得ず利用した場合は対象になることもあります)
  • 医師(歯科医師)への謝礼
  • 医療費控除額
    (上限200万円)
  • =

  • 1年間に支払った
    医療費の総額
  • 保険等で補填される金額
  • 10万円、若しくは
    所得金額の5%
    いずれか少ない金額

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

申請に必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳
※確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
※申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。但しサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

所得額別還付金

<治療費100万円の場合>

所得額 還付金
所得額500万円の方 所得税18万円+住民税9万円=27万円
所得額700万円の方 所得税18万円+住民税9万円=27万円
所得額900万円の方 所得税20.7万円+住民税9万円=29.7万円
所得額1200万円の方 所得税29.7万円+住民税9万円=38.7万円
所得額2000万円の方 所得税36万円+住民税9万円=45万円

<治療費200万円の場合>

所得額 還付金
所得額500万円の方 所得税19万円+住民税19万円=27万円
所得額700万円の方 所得税38万円+住民税19万円=57万円
所得額900万円の方 所得税38万円+住民税19万円=57万円
所得額1200万円の方 所得税62.7万円+住民税19万円=81.7万円
所得額2000万円の方 所得税62.7万円+住民税19万円=81.7万円