他の医院でインプラントが
無理だと言われた方は・・・

他の医院でインプラントが無理だと言われた方は・・・

 骨の厚みや高さが不足している方は通常の方法ではインプラント治療を行なうことが出来ません。
しかし、骨を増やすことでインプラントが可能になります。
「サイナスリフト(上顎洞底挙上術)」「GBR法(歯槽骨増大法)」など骨を増やす技術はいくつかあります。

 しかし、これらの技術は非常にハイレベルなもので、歯科医院によっては施術できない場合があります。
当医院ではこれらの技術を利用したインプラント治療が可能ですので、他の医院でインプラントが無理だと言われた場合でも、一度当医院にご相談ください。

ハイレベルな技術

サイナスリフト法について

従来のブリッジだと支えるための健康な歯を2本削らなければなりません。

上顎の奥歯に相当する場所にインプラントを植立する場合、よく骨の高さが不足し、数ミリしか骨が無い場合が多くあります。これは、上顎骨の内部の空洞(上顎洞:サイナス)が拡大し、さらに奥歯が無くなると歯槽骨が吸収され、歯槽骨が薄くなるのが原因です。

そこに通常の方法でインプラントする場合、短いインプラントしか入れることが出来ないか、インプラント不可能なときがあります。短いインプラントを植立した場合は将来的に不安を抱えることになります。

サイナスリフト法を用いればたとえ1~5mmしか骨の高さが無い場合でも、骨を移植することで骨の高さを増大させ、10数ミリのインプラントを植立することが可能です。また骨の高さを持ち挙げながらインプラントを植立するソケットリフト法もあります。

これらの方法を用いますと、治療期間が通常より約6ヶ月ほど長くなるというデメリットがありますが、確実に骨を増やし、インプラントを植立することができます。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)の症例については「サイナスリフトの治療例」をご覧ください。

GBR法について

通常のインプラント治療にも良く使われる技術で、少量の骨の欠損部を骨を移植することでカバーし、インプラントの表面の露出を防ぐ方法です。

インプラントの植立する周囲は十分な骨が必要です。歯槽骨の吸収が著しく、インプラントの表面が露出する場合、インプラントが長期的に安定するには不安があります。このような状況の場合、GBR法を用いて歯槽骨を再生することで、インプラントを安定させることが出来ます。GBR法はインプラントの植立と同時に行い、骨の再生まで約4ヶ月ほどかかります。

また移植する骨は自家骨(自分の体の骨)を使用します。少量の場合は頤(おとがい:下顎の前の部分)、量が多く必要な場合は蝶骨(腰の骨)から採取します。