医院コラム

赤ちゃんのためにも早めに治療しておきたい虫歯と歯周病
妊娠中は虫歯や歯周病になりやすい!?

妊娠中は妊娠前と比べると、虫歯や歯周病になりやすい時期です。要因は多岐に渡りますが、大きく分けると下記が挙げられます。

ホルモンバランスの変化

女性は妊娠すると出産に向けてホルモンバランスの分泌量が変化します。そして、歯周病菌のなかには妊娠中に分泌量が増える女性ホルモン「エストロゲン」を好む菌がいるのです。

女性ホルモンの分泌量が増えると、比例して歯周病菌も増えてしまい口内が歯周病になりやすい環境に変化してしまいます。

免疫力の低下

失った歯の機能を補う治療法の入れ歯ですが、合わないものを使い続けると顎の骨が薄くなることがあります。

合わない入れ歯は顎の骨に必要以上に大きな圧力がかかり、骨が吸収されて薄くなってしまうのです。

上記でご紹介した原因以外にも顎骨の奥にある上顎洞(サイナス)に歯槽骨が吸収されて、顎の骨が薄くなることもあります。では、インプラント治療を断られたらもう諦めるしかないのでしょうか。
しかし、たとえ骨が薄い方であっても決してインプラント治療が不可能なわけではないのです。

つわり

多くの妊婦さんが悩む妊娠初期の症状に「つわり」があります。なかには、つわりがひどく歯磨きで苦労する方も少なくありません。妊娠中に歯磨きが十分にできないと、さらに虫歯や歯周病にかかるリスクを高めます。

上記でご紹介した原因以外にもホルモンバランスの変化によって唾液の分泌量が減る、体調の変化で食べる回数が増えるなどで、虫歯や歯周病になる方は少なくありません。

お母さんの虫歯や歯周病は赤ちゃんにも影響する!?

昨今ではお母さんが虫歯や歯周病だと、赤ちゃんにも影響することが分かっています。

アメリカの研究では、歯周病は早産のリスクを高くすると結果がでました。歯周病の方とそうでない方と比べると、倍以上早産のリスクが高くなると言われています。
また、生まれたばかりの赤ちゃんの口内には虫歯菌はいませんが、お母さんが虫歯だと食事などを介して虫歯菌を感染させてしまうことがあるのです。

基本的に妊娠中でも歯科治療は可能ですが、時期や治療法によっては治療が難しいこともあります。
大切な赤ちゃんを守るためにも、普段からオーラルケアで口内環境を清潔に保ち、虫歯や歯周病の疑いがある場合は早めに治療しておくことが大切です。

宇部市で歯科医院をお探しなら当院へ足をお運び下さい。
宇部市にある当院は歯科や小児歯科をはじめ、歯周病治療やインプラント治療を行^っている歯科医院です。歯周病治療ではエムドゲインや歯周組織を回復する歯周外科手術など、積極的に歯周再生治療に取り組んでいます。
歯のトラブルに関することでお困りなら、お気軽に当院にご相談下さい。